記憶術の最終兵器の御紹介でアリマス。
親愛なる同志の皆様にだけ、とっておきの記憶術を御伝授致します。

まず、ブ厚い本を両手で持って、最初の1ページ目を開きます。
そして右もしくは左親指をズラしながら、パラパラと、ページをめくって、
全てのページを高速で「見て」いきます。読まなくてもいいんです。

そして、色々なスピードで「パラパラ見る」を繰り返していきます。

すると、視覚から脳へと、それらの情報が徐々に入っていきます。
「何となく」目に入る速度で十分です。読まなくてもいいんです。

この作業を色々なスピードで何度も何度も繰り返していくと、
実に驚くべき事に、
その本をじっくりと読みながら記憶する時に、
かなり間単に記憶できてしまうのです。
パラパラと高速で見るだけでも、あらかじめ予習している事になるのです。

本とは文字で記憶しますが、文字=図形=絵!
文字一句一句を追うことなく、
写真を撮影するが如く、絵画として全体像を記憶すると、
かなり効率よく記憶できるんです。

これは自閉症児の「視覚全体瞬間画像記憶」という超能力が実は大なり小なり
誰にでも備わっている事を体感できる現象なんです。

「速聴」ならぬ「速見」という訳で、続ければ続ける程に目や脳が順応していき、
効果が出やすくなるんです。

騙されていないと思って続けて下さい。京大東大楽勝也候っ!

「山を張る」の完全真逆の勉強術「全て穴無く記憶する!」
間違いの無い必勝法・正攻法を、極力短時間で達成できる夢の技法です。
私はこの方式を、授業中や休み時間にしておりました。
最近では資格取得の時に久しぶりに行い、見事合格できました!
最初の思い付きは、教科書の角の余白に鉛筆で書き込んで作る
「パラパラ・アニメーション」からでした。

線引きを終えた教科書、自分で作成したまとめノートなら、さらに効果が出ます!
そして、この記憶作業のために「敢えて大きい文字で書いたまとめノート」で、
「パラパラ見」を行えば!!!???どうなるのでしょうか!
文字は大きい程に読みやすい=脳に焼付けやすい!
そう、自分の完全なる実力で合格できる、という事です v(^^)v

拡大して見る事ができる老眼鏡で、この作業を行う裏技もあります!

これはモチロン楽譜の暗譜にも応用できます。演奏する前に、
トコトン速見して全体像を把握し記憶しておく!
まだ間に合う!!!さ、今すぐ作業開始っ!皆様の御健闘をお祈り致します:

「 "パラパラ”は ダンスだけじゃ ないんだよ “本をパラ見”で 記憶術 」


(記憶術の裏技一覧を作成中です)