「タピマナ」・・・キャッチコピー考え中・・・

「空き容器は、こちらでお預かり致しますから、お気軽にお申し付け下さいませ」
「他店舗のタピオカ空き容器も、こちらでお預かり致しますから、お気軽にお申し付け下さいませ」

「空き容器を分別廃棄できないお客様は、店内飲食のみでお願い致します!」
「飲み切れるサイズもございまーす!」

「タポマナスタンプ始めました〜(^^)」
「タピマナっちゃお!本店舗・他店舗に関わらず、
 タピオカの空き容器をお持ちになられたお客様には、数に応じて割引券を進呈致します!」
「お持ちになられたお客様には顔写真をお撮りして本店舗インスタサイトで大公開いたしまーす!」

「マナーを守るアナタの姿って、インスタ映えしますよ!ホレ直しチャウな〜」

「具がタピオカだけなら、最悪、トイレ大に流すのもOKですよ!路上に捨てられるよりは遥かに“マシ”です」
 ※丸くてプヨプヨしてて小さいので詰まる事は決して無い

「日本の民度を守るのは、アナタ一人の行いから!」

???


町が「お祭り」になると、路上廃棄が大問題になります。
特に「かき氷」などは、糖蜜がアスファルトや石材などに強力に浸透密着して、
掃除しようにも、なかなか取れないんですねー。

あの、「お祭り時」「新大久保」の日常風景が、
ここ福井市でも日常的になってしまいました。

その原罪とは「タピオカドリンク」です。

以前から、各種グローバル企業のファーストフード店やコーヒー店の
「ストロー付き飲料」の不法廃棄は目に付いていましたが、
台湾タピオカの国内流行により、駅前は当然のこと、
近所や裏通りにもタピオカ空き容器が捨てられています。

・持ち帰り禁止にする
・販売店に近隣の廃棄容器回収を義務付ける
・学校で路上廃棄禁止の指導をする
・野外飲食マナーを告知する

などの、対策を早めに取らないと、トンデモない事になります。

一番恐怖なのが、川や海に廃棄する行為です。


要するに、中身は残っているが、もう食べたくないし、
中身を捨てる場所もないので、その辺に捨てる、となるんでしょう。
駅前のパチンコ屋近くの街角でストリートダンスの練習とかしてる層がよく捨ててますね。
近隣に幾つかダンススクールがあるんですが、そこの生徒の可能性アリ。

店のすぐ近くでタピオカドリンクを飲んで、容器置いて、そのまま消え去ってしまう!
要するに、購入した店舗に、返却する意志すら持ち合わせていないんですね。
これぞまさに「日本人の様に見える???人」そのもの!

ヒップホップ = 街のゴロツキ = 路上不法廃棄

そして、あの路上や街角の子供の落書き(あ〜とぉ)ですが、
ロックかテクノ系統かと思いきや、HIP-HOP系の仕業でもあるらしい。
まあ、よく考えてみれば、ストリート落書きですから、
ストリートファッション=ストリートミュージック=
ストリートダンス=ヒップホップとなる訳ですね。

当人はストリートダンスを、ただのファッションとしてやっているつもりでいても、
ゴミは捨てるは落書きはするは等の品の悪さまでも輸入・模倣してしまう。
前に書きましたが、ファッションにはライフスタイルも含まれており、
そうなると、考え方、つまりマインドにまでも影響を受けてしまうのです。
これも音楽や舞踏を通した一種の「マインドコントロール」となるのです。

だ・か・ら、学校でヒップホップダンス=街のゴロツキのダンスなど、
教えてはいけない訳です。
ヒップホップダンスを教える時間以上に、
「路上のルール」「路上のマナー」を教えるべきです。

・水筒を携帯し、
・残ったタピオカドリンクの中身を移し変え、
・水分が垂れない様にして、
・容器と袋を自宅に持ち帰る!
・自宅でプラスチックごみ分別

これ位できる知能が欲しいですね。
つまり、持ち帰るにはバッグとかリュックなどを携帯してないとイカン訳です。

誰が悪いのか?
・販売する店が悪い
・購入する人が悪い
・常識を教えない社会が悪い


とにかく、「タピオカドリンク」の爆発的流行により、
現在の日本の若年層が、いかに知能が低いかが立証された訳です。
・海外勢力が仕掛けた「作られた流行」に、まんまと引っかかっている
・幼稚園児レベル並の道徳意識
・短絡的で物事を深く考える事ができない
・忍耐力が著しく低く、すぐに楽な方に逃げる

我々の世代よりも確実に劣化してきています。

台湾人にしてみれば日本人など
・電機メーカーで勝利し、
・台湾ラーメンで勝利し、
・タピオカで勝利し、
の、「楽勝」的相手也候な人種なんでしょうなぁ。
ここ最近で、大陸人のゴキブリ(失礼^^)並みの生命力と、
島国人のボウフラ的な軟弱さとの違いが明確になってきました。
隣国地繋、超貧困、を経過してきた大陸人は、やはり強い!

日本人は、その美徳を維持するには「道徳教育」こそが大事!

不法廃棄の最善策とは「買わない事」です。
外食という文化?は、最終的には
「堕落」「家庭崩壊」「環境破壊」へと繋がる危険な習慣なのです。


タピオカ≒さつまいも
タピオカとは、非常に安価な食材であり、
貧困に苦しんでいる時代に重宝されたものです。
一食の材料費=原価など、20〜30円以下なんです。
20〜30円のものに、400〜500円を払うコノ愚かさよ!
メディアなどを駆使して、
「どうでもいい物を、いかにも高級に思わせて儲ける」手法を、
見抜く「知識」を身に付けるには、
自分で料理を作る事を始めるのが一番!
そうすれば、「世の中の仕組み」が明快に見えてきます!

お茶は自分で沸かして持参する!
弁当も自分で作って持参する!

人格形成に大切な
「道徳教育」「料理教育」「家庭科教育」「体育教育」
これらがいかに大事かを痛感する今日この頃です


「福井市まちづくり保安課」は、イベントよりもまず、
こういった不法廃棄から、対策を取っていくべきですね。
だって廃棄してるのを見たのは日本人ばかり!

福井市の外国人は、現在のところオトナシクしていますが、
安心して、徐々に、祖国の危険な層の同胞を呼び寄せる様になるでしょう。
それで、外国人による治安の悪化を危惧しているんですが、
 実は、それどころか、日本人同胞の中に、積極的に
治安を乱し、日本の民度を低下させている層がいるんですね・・・。
そういう日本人を見てきた外国人が、その真似をして暴走し始める、
という、恐ろしい図式が見えてきました。


逆転現象:外国人の方がマトモ:
外国人:日本人の民度が高い事を知っているし、
    移民なので常に緊張して生活しているから、
    人前では、あまり変なことはしない(現在の平均値)
日本人:洋楽や洋画などのメディアでマインドコントロールされているので、
    人前で粗暴な行動を取るのがカッコイイと考えている(一部そういう層がいる)

我々日本人は、「常に外国人から見られている」事を忘れず、
間違った言動や行動を慎み、外国人達に「行動の規範」を示さねばなりません!





(続きます)



【予告】新しいもの好き=痴呆症状

SNS:ツイッター、フェイスブック、インスタ、
これらを利用してはいけません!
特に団体や企業は、決して利用してはいけません!
これらは実は痴呆化促進ツールなんです。
ブログであれば、随分とマシですが。
日本国の幾つかの機関がツイッター使ってますが、あれは言語道断!
フェイスブックなんて知識層は使用しません。インスタなど論外。
その理由とは???


そういえば、
・更衣室でスマホを、それも通話してる高齢者とか、
・女子高生みたいに絵文字を多用してるインテリが、
 電車で寝てる乗客をケータイで盗撮&ネット拡散、
  なんていう大事件がありましたが、

若者に迎合して、下手に新しいものを使うと、
若者以下の民度になってしまうんです。
コワイデスネ、コワイデスネ(^^)
特に最近のハンドフォンは撮影録音録画機能が付いていますから、
公共の場所では極力使用を控えるのが、
「マナー・エチケット・気配り・常識」であります。

アナタはメールを読んでるだけのつもりでいても、
裸になって着替えてる自分を盗撮してるんじゃないか?
と周囲から思われてしまうんです。
ハンドフォンも多機能になりましたから凶器とも成り得るんです。
 でもこれは単なる思い過ごしではなく、予想通りでした。
実際に上記盗撮事件を起こした犯人とは、
常時、所構わずスマホを使用している人物だったのです。

いや〜我々の世代になると、ホント、もうバカな事はできんとですよ