なかなか治らない、手の指の「じゅくじゅく皮膚炎」!

体液が染み出してきて、傷がナカナカナカナカふさがらない!


かゆーーーーーーい!
いたーーーーーーい!


どうして??? どうして??? どうして??? どうして???

これってアトピー?



「骨まで腐ってくるから、指を切らないといけない」ってホント?

エーーー! 糖尿病じゃないと思うんだケド???



どんどん広がってくるーーーーーーーーっ!


スマイルできへんとよーーーーー!









理由がわかりました!

「体内に毒素がたまり過ぎていて、それを排出しようとしていたから」、

でした。


「こんなにいっぱい毒がたまってるよー!」って体が警告してくれてたんです!









で、サウナを利用します。

・水分補給
・サウナ「5分」
・シャワーで全身の汗を流す
・水風呂:足先から徐々に上半身へと:「1分」
・休憩:温浴、空気浴など
を、1日に「5セット」くらい繰り返します。

※低い場所に座って「低温サウナ」
※患部をサウナ室内の空気に触れる状態にしておきます。
※長く入って深部の毒まで放出したい場合、汗が体内に染み込むのを防ぐため、最初は短くする:「5分、6分、7分、8分、9分、10分」という入り方をします。
※患部が水分に触れる時間は、極力最小にします。
※石鹸ナシの、水洗いのみの方が効果的!患部にシミません。


そして、サウナから出たら、
野外でサイクリングして、風で皮膚を乾かします。
→へ?なんでサイクリング?
→裏技!野外は:湿度が低い、日光乾燥、などにより、室内よりも皮膚形成が早い。空気中にダニやカビ胞子もいないので安全。野生動物の習性ですがな!

すると、体内の毒素が汗となって出尽くし、
さらにサウナの熱気と外気により皮膚の傷が乾燥する事で、
皮膚に保護幕が形成され、
体液が染み出す事が無くなり、あれだけ治らなかった傷が、ついにふさがります!
(サウナに出てからサイクリング後の1時間位後で、こうなります)


何も塗らず、保護もせず、まずは皮膚の「皮」を乾燥させねばならんのです。
ひと通り、皮膚が乾燥して保護膜が形成されたら、そのまま放置。


それでも、
・皮膚の傷が完全に乾燥しない場合、
・体液が染み出してくる場合、
・かゆみが残っている場合、
・赤い腫れが大き過ぎる場合
まだ毒が残ってますから、体液を拭き取り、
「薬用馬油」を塗って、成分が皮膚に浸透したら、ガーゼや手袋などで保護してグッスリと眠ります。

翌日か数日後さらに、同じ事を繰り返します。
→様子を見ながら、治るまで何度も何度も何度も何度も何度も繰り返します。








やたーーーー!

おめでとうございます!




※サウナの入り方は、「サウナの効果的な利用のしかた」で、読むのが嫌になる位「詳しーーーく」解説してありますので、
"必ず"読んでおいてくださいね(^^)





辛く苦しい、この1年と2ヶ月、ありとあらゆる方法を試しましたが、
私の場合は、これが正解でした。
「金属ニッケル接触皮膚炎」らしいと自己分析。
アレルギーなので、他の物質が原因のアレルギーでも治癒する可能性が非常に高いです。




いやーーーーーーもうホーント、苦しかった、、、
もうモルモットは「コリゴリ!」「ご勘弁!」って、珍しく泣き言・・・








ギターの鉄弦による「金属アレルギー」でした。
手指に金属成分が回っていたんです。
練習を完全に止めても治らない→毒を出さないと治らない
全弦、ガットにしよっかな?
→じゃ「ウクレレ」じゃんか!



広範囲の腫瘍ができていましたが、何日もかけて気合で乾かせば治ります!
やはり甘っちょろい方法では無理でした!
この1年以上続くしつこい皮膚炎は、「お大事療法」じゃなくて「荒療法」でしか治りません!








人生の春が来たーーー!!!!!



「アトピっ子」バンザイーーー!
「アレルっ子」バンザイーーー!



「体と地球環境を汚染する科学薬剤」よ、さらば!





P.S.1
サウナも、入り方を間違えると
・白髪 → 頭巾
・眼球組織破壊により目が充血 → ずーっと目を閉じておく
という場合がありますから、ここ数年、サウナに入っていなかったんですねー。
でもやはり、タマーにはサウナに入って、サウナで放出できる種類の毒を出しておく必要があったんですね。
いやはや、ほんと、気は抜けません。これでうまくいけば薬剤も保護具も一切使わずに治せます。


P.S.2
ギターの6・5弦の鉄弦の音が、鉄っぽくて嫌い!
この「聴覚による拒否反応」が、皮膚炎の原因となった???

可能性として、在り得るかも?

アレルギーは、物理的成分が原因の場合と、
精神的なものが原因の場合と、色々とあるみたいですね。






(続きます)



予告:膠原病・リウマチ・アレルギー > 皮膚筋炎
の可能性もあるんですな。「難病」といわれるそうで、
しかし関節の痛みは全く無いので、
練習のし過ぎから、急に練習を止めた結果による免疫成分の暴走?
いやこれは長い研究となりそうです