セルフメディケーション税制について考えよう!
mjapa.jp

セルフメディケーション税制について


TOP > 健康の維持管理 > セルフメディケーション税制について

最初に

作成日:2019/01/10 12:05 更新日:2019/07/17 14:45


一見「得」をする様に見える物事から世情を読み解くための練習曲として:難易度:バイエル初級程度


セルフメディケーション税制について

「医薬品を買った分だけ所得控除!なんて優しい国なんだ!!!」
⇒甘い!!!国が配るこういう飴玉には必ず裏があります。「裏を読む」「先を読む」「社会全体について考える」習慣を身に付けましょう。

いくら税金が安くなるから、と「必要の無いオモチャみたいな薬」を買えば買う程、国税が無駄に使われてしまいます。
すると、本当に必要な事に国税が回らなくなってしまいますね。

「外資系」や「日本企業に成り済ましている外資企業」が多い製薬会社への利益誘導です。無知な国民をこの5年間で餌付け依存させる作戦ですね。

「消費税が上がる前に薬物依存にさせて、その後もずっと儲けさせろ!」と医療マフィア連合が吠えたのかも?

試供品(^^)?が如くの極微量ステロイド塗り薬とかは、その場しのぎどころか危険です!

病気は薬を使わずに、食事や生活習慣や運動などで治す時代です。



セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは

※要注意:このサービスを受けるには、「特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診」などを受診しておく必要があります。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは、指定医薬品の年間購入金額が¥1万2千円を超えた分を所得額から控除する税制です。

2017年1月1日から、2021年12月31日までの期間限定措置です。



賢い人は薬など買わない

セルフメディケーション税制は、民間療法や薬剤に関しての多少の知識がある層にとっては殆ど「無用の長物」です。
薬剤に関する研究を続けていけば、「殆どの、特に処方箋が必要だったり、少量ながらも高額な薬剤は、その場しのぎの表面的な効果しかなく、逆に副作用で苦しむものが多い」事に気付くでしょう。つまり長期間の使用が危険である場合が多い、という事です。

対象薬剤一覧に含まれる成分名別で一番多いのが「プレドニゾロン吉草酸エステル」です、これは「ステロイド外用剤」でよく用いられます。
ステロイドといえば確かにすぐに効果が現れますが、すぐにまた症状が再発し、そして徐々に効果が薄れていきます。それは根本的な解決法では無いからです。そして服飲用のステロイドはさらに危険度が増すのです。西洋式の対処療法しか行なわない病院ではステロイドの処方が殆どです。回復力の強い若い時期であれば、サッと塗ってサッと元通りでサヨウナラ、となる場合がありますが、回復力が衰えている身体の状態の場合、いくら塗っても治らない、つまり逆効果となってしまう場合があるのです。
 私は色々な医院で色々な種類の色々な強度のステロイドを処方してもらいましたが、結局は自分で調べた各種民間療法や、自然成分のみの馬油や食事療法で症状が治まりました。確かに治癒するまでには時間はかかりましたが副作用なし!だったのです。

忙しくて自分の病気について調べる時間がない
病気について調べる事が自分でできない
そういう人が飛び付く制度です。つまり、非常に無駄なんですね。



国税が無駄に使われてしまう

助成・補助金 = 税金泥棒


税金が安くなるから、と必要のない薬品まで購入してしまうと、その分に国民の税金が浪費されてしまいます。すると、本当に必要な所:災害などで困っている人達への救済措置分などを持っていかれてしまうのです。

この様に「助成」「補助金」とは、国が支払うのではなく、我々国民の税金で賄うものですから、いくら自分や家族・親族のためとはいえ、無駄に乱用してしまうと、不当な利益を得る人物や組織・企業などが現れ、それで苦しむ人が増えてしまう場合があるんですね。

この仕組みは、要するに「特定利益追求団体による税金の横取り」であると考えておきましょう。
これは他の色々な「助成制度」「補助金制度」「減税措置」等にも応用できる考え方ですので、今後とりまとめて解説していきます:

社会福祉法人補助金、学校法人補助金、車購入補助金、宗教法人非課税・・・

医療費の無料化
→国民の税金を外資系製薬会社や医療品メーカー=単なる個人企業へ献上する事で、グローバル企業を肥え太らせる魂胆。無料ともなれば、気軽に利用する様になり、必要の無い無駄な医療費がこれまで以上に激増してしまう。

私立高校の授業料無償化
→国民の税金を学校法人=単なる個人企業へ献上する事で徐々に公立高校を解体し、全ての高校を、「日本人生徒を、外国人にとって都合の良い様に、好き勝手し放題にマインドコントロールできる私立高校という名の治外法権空間」に移行させる、という魂胆。

法の仕組みを利用した悪質なものや、本来全く必要の無いものまで色々とありますね。穴だらけの法律を確信犯的に作って密かに利益誘導している悪質な例もあります。

どれも一見我々市民が得をする様に思えますが、その金は自分が支払っている税金から出ているのであり、最終的に膨大な利益を得るのは企業と、企業からの献金・裏金で儲かる政治家です。

絶対定理:
国が奇妙なまでに国民に優しい政策を打ち出す時、それには殆どの場合、裏がある。
そして長期的に見れば結局は国民が損をするのである。

これまで幾度となく繰り返されてきた「ちょっと見のいい政策」を、もういい加減、見破る知識を身に付けていただきたいものです。

無限ループから抜け出る方法

「金を援助する」「金を無料にする」、という発想は、無駄な支出が増え、国の借金がますます増えていくだけです。

援助>利用しやすくなる>企業の売り上げが上がる=利益誘導
無料>利用しやすくなる>企業の売り上げが上がる=利益誘導

公約の目玉とは殆どの場合、こういった金に関する事です。国民の支出が減り、経済も良くなると表面上は「偽装」できますが、結局は企業に間接的に金をバラマいている事になります。「無駄銭」、この一言に尽きます。

少し長い目で考えてみましょう:
国民の支出が減る?>結局は国民の無駄な支出が増えてしまう
経済が良くなる?>無駄で危険な商品が溢れる事により、民度低下、環境汚染破壊・・・

ここが経済論の落とし穴です。
「企業利益」:企業が儲かればみんなが幸せになれる、???
「経済成長」:去年よりも利益が増えないとおかしい、???
、こういった目の前の利益(=紙切れ獲得)だけを追求し、後先を考えない、完全に間違った「架空論理」「妄想思想」の行き着く先が、「文明崩壊」となるのです。


しかし、「金」ではなく「知識」を与えれば、行動が良い方向へと変化し、良い仕組みを作り出していく事ができます。

  • 「投資とは金ではなく知識である」
  • 「本当に相手のためを思うなら金よりも知識を与えよ」


「支出が減る様に人民に生活教育を施す」
「支出が減る様な社会の仕組みを構築する」、
つまりむしろ企業の利益を損なう様な体制作りの方が、結局は社会全体のためとなり、文明は長く存続できるのです。




(まだまだ続きます・・・)



医薬品・製薬会社は全て外資系であると考えておこう

製薬会社=外資系企業

  • 完全なる外資系企業
  • 外資系企業の日本子会社
  • 実質外資傘下にある日本企業
  • 日本企業を装った外資系企業
  • 悪徳組織に侵食された日本企業


そして医薬品会社には、「完全なる外資系企業」「外資系企業の日本子会社」「実質外資傘下にある日本企業」「日本企業を装った外資系企業※特に成り済ましやすいアジア系外資系企業」が多い事実があります。

ここで大いなる勘違いをあらかじめ指摘しておきます。「化学薬剤」を作るという行為は生物兵器同様に悪人が最も得意とする分野であり、良識のある人間であれば決して手を出さない領域なのです。製薬会社の前身が軍事化学生物兵器の開発元だった、なんていうオチは、海外でも国内でも同様によくある話です。軍事化学生物兵器の技術を医療用に転用した薬剤(当然副作用が怖い)が多数存在するのはそのためです(ただの在庫整理だった、というオチが付いている場合もよくあります)。

そして消費税増税が控えています。つまり、消費税が上がる前に医薬品を買いやすい状態にして、日本国民をそれら医薬品に対する依存体質にさせ、消費税増税以降も永遠に薬剤依存させ続けさせるための内政干渉ではないか?とすぐに「ピン」ときていただきたく存じます。「医療マフィア」とかよく言われますが、金のためなら何でもする連中です。脅したのか、政府要人(せいふ・ようじん)を買収したのか、とにかく日本国民のためになる政策では無い事が確かなのです。



セルフメディケーション制度の利点

物事、何にでも良い面・悪い面があります。セルフメディケーション制度の良い点とは、国民は自分で医薬品を選んで買う機会が増える、という事です。

となると、自分で自分の病気について自発的に調べる機会が増えていく、という好ましい状況になります。

ある段階までは医薬品だけで治そうとするでしょう。しかし、病気や医薬品についての勉強を続けていく過程で、「漢方療法」「運動療法」「民間療法」などの知識も身に付いていけば、最終的には医薬品から卒業できる段階にまで成長できる様になる(ことが期待される)のです。

つまり、セルフメディケーションとは「医薬品からの卒業」に辿り着くまでの一過程に過ぎない、と考えておく事です。

私が何故セルフメディケーションの悪い面ばかりを延々と書き連ねるのか?殆どの人は、医薬品依存状態でストップしてしまい、その次の段階がある事を永遠に知らぬまま死を迎えてしまうのが目に見えているからです(確率的に8割以上の人が)。

セルフメディケーションの学習過程

  1. 病院でもらった医薬品を使用する
  2. 病院で指定された医薬品を自分で買う
  3. 自分で化学医薬品を選んで買う:→ 今ココ!殆どの人はここでストップしてしまう

  4. 自分の病気について自分で勉強を開始する
  5. 化学医薬品ではない自然薬の方が安全確実と気付く
  6. セルフメディケーション対象外の自然成分の薬を買う
  7. 漢方を試してみる
  8. 漢方薬を自作してみる
  9. 食事療法で治そうと行動を開始
  10. 運動療法で治そうと行動を開始
  11. 民間療法で治そうと行動を開始


おめでとうございます!「医薬品からの卒業!」を達成できました!!!



医薬品のダウンサイジング(Down-Sizing)商法にご注意あれっ!

最近、医薬品に限らず色々な商品の量が少しずつ少なくなってきていますね。
海苔:10枚入りがついに5枚に→つまり倍額に値上げ!!!
ランチ:女子のダイエットのために、と極小盛り!「量が少ないのがオシャレ」ダイエット洗脳。
カロリー糖質オフ:=つまりは残りくず:栄養が取れんとね!

そして最近、医薬品の陳列コーナーを調査していて目に付いた小さい小さい小さい奇妙な商品:
「コレ、試供品か?」と手に取ってみると、
ナント実際の商品!しかも値札を確認すると不当に高額である事にブッタマゲました!
実際の試供品とサイズがあまり変わらないという例もあります。
医院で処方される薬剤も試供品化してきておりまスルね。

あーあの「小さな虚人」手法か?アレにソックリ!
「量が少なくてもこんなに高い、つまりそれだけ高価な物がギッシリ詰め込まれています」、
という消費者を騙す商売戦略なんですねー。日本人の感覚ではありません。
つまり中身が実は粗悪品!買う価値は無い、という事です。

いや、逆にこうも考えられます。大量に提供すると副作用が危険過ぎるので、少量ずつしか販売できない:
つまり、いずれの場合においても買う価値は無い、どころか危険である、という事です。




落とし穴:健康診断など

セルフメディケーション税制は、「特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診」などを受診している人だけが利用できる制度です。つまり、これら医療行為への支出を計算に入れると、お得どころか大損になってしまいますね。

さらに、これら、いわゆる「健康診断」とは、健常者を病人に仕立て上げる恐怖の医療制度である、という「事実」をご存知ですか?

簡単な実例が「血圧」です。血圧の判断数値を操作し、問題がない人でも高血圧認定し、降圧剤などの治療費で儲ける、という恐怖の医療システムが出来上がっているのです。

高血圧認定値の引き下げの歴史:
1987年:180mmHg
2004年:140mmHg
2008年・130mmHg →ついに50も引き下げ!


そして年齢別に細分化していた高血圧認定値を、全年齢に統一するという、もはや診断が面倒くさいと言わんがばかりのメチャクチャな現状に突入していたのです。「健常者を病人に仕立て上げる」なんて冗談だろう?が調べてみたら事実だったんですっ!!!
「血圧」という身体検査の基本事項からして、この有様ですから、他にも大量に不正行為が行われているものと想像が付きます。

「放射能被爆認定値の引き下げ」の完全逆ヴァージョンです。どちらも一人でも多くの国民を消去する事が目的である事は言うまでもありません。

行政から送られてくる「健康診断のお知らせ」に、「割引」「クーポン」や「キャンペーン」などという表現がありますね。まるでスーパーのチラシ広告みたいですね。そう、お金儲けのための誘い広告に過ぎないのです。健康診断に行くという行為は、スーパーのセールに行くと同程度の物事です。スーパーのセールに行かなくても生きていけますね。つまり健康診断に行かなくても生きていけます。健康診断を受けたら早期発見どころか不当に病人認定されて殺処分される危険性すらあるのです。(零戦製造業者を潤す“赤紙”と同じ図式)

私は健康診断なるものを、もう20年間以上受けていません。自分の体調を自分自身で認識できる様に、つまり全身の感覚を鋭敏にするためにヨガを行っています。「自分の体の事は自分が一番よく解る」、そういう体質に持っていく事は可能です。


(続きます)



国民健康保険を無くすための前段階?

日本の「国民皆保険」は素晴らしい制度ですが、「癌三大治療」などの様に、金儲け主義に走り過ぎ逆に死者を増やしている現状があります。
やはりどうしても「治す」のではなく「点取り=金を儲ける」が優先となってしまうからです。この金権崇拝体制を治療すれば、医療費の無駄が無くなり、国民皆保険が永遠に安泰となるでしょう。

日本の国民皆保険は、外資にとってもオイシイ金儲け(国税泥棒)の手段となっていますが、さらに儲けるには国民健康保険を消去する必要があります。
日本をアメリカの如くの高額医療費の国にし、風邪で病院に行っただけで何万円も取られる様にしたいのでしょう。
そして病院に行けない人を増やし人口削除(殺しつつ儲ける)、という流れです。

「映画やテレビの中で出てくる虚像のアメリカ」では無く、「アメリカの現実」に目を背ける事なく向き合いましょう。そうすれば、もう決して憧れたり真似しようとはしなくなるでしょう。



(続きます)



さらなる疑惑:真剣に“麻薬漬け”が最終目的か?

最近、近所の食料品店に「ドラッグ・ストア」が増えてきましたね。それもチェーン店の種類や店舗数が爆発的に増加中です。

実は厳密に言えば「食料品」と「薬」を同じ店舗内で販売する事には問題があるのです。

例えばシャンプーや洗剤・化粧品などのコーナーを通過すると、異様な匂いで内臓が拒否反応を示す事はありませんか?
商品の香料・保存料などの化学成分が空気中に大量に放出されてしまうからです。
すると、吸い込んだ空気が内臓にまで到達・浸透し、腹痛などの拒否反応を示すのです。
日常的にケア商品や化粧品を多用している人の場合、身体が化学成分の刺激に対し麻痺した状態になっており、身体の異常反応に気が付きにくいのです。

そしてドラッグストアの商品陣列構成は、必ず医薬品のコーナーを通過した、その先の奥の方に食料品コーナーが設置されていますね。
必ず化粧品や医薬品を買う様に導線で誘導していますから、化学成分が混入した空気を吸い込んでしまう事が避けられないのです。
店内でのマスク着用は必須ですね。

日本国内もアメリカの如くドラッグストアだらけにする、これは何かの内政干渉が絡んだ結果ではないかと調査中です。
開店すれば補助金でも降りるのか?位の爆発的な増加ぶりです。

ドラッグストアの「ドラッグ」=「drug」= 麻薬、(その他の)有害な薬物、常用癖を作るもの、薬、薬品
日本国民にまず「ドラッグ」という言葉に対する抵抗感を無くさせ、最終的にはドラッグストアで麻薬を販売し国家を崩壊に追い込む策略があるのでは?と、ここまで考えておきましょう。

彼らは「阿片戦争」「麻薬流通促進音楽=ロック」などを通じ、麻薬を敵国弱体化のための武器(生物兵器)として用いてきました。
今後考えられるのが、増え過ぎたコンビニエンスストアでの医薬品販売認可です。誰でも間単に薬剤を手に入れる事ができる様にし、外資系薬剤会社を潤し、徐々に「有害な薬物、常用癖を作るもの」を混入させる計画かも?




薬剤師は止めておいた方が無難でしょう

先を見据えた堅実なる進路選択:後で後悔しない様に、あらかじめ忠告しておきます。

薬剤師は国家資格を取得しないとなれない難易度の高い職業ですが、「化学成分が含まれた薬剤」や「麻薬関連薬剤」についての勉強もせねばなりません。
この「化学成分が含まれた薬剤」とはまさしく「砂漠に緑色のスプレーを吹きかける」が如くの本末転倒なものでして。
「麻薬関連薬剤」:麻酔などもありますから避けては通れない分野です。精神科で使われる「向精神薬」という名の麻薬もありますね。

そしてさらに、最近研究を進めていく過程において、「化学成分が含まれた薬剤」とは、それを摂取した人だけではなく関係ない他のものまで汚染していくらしいと解明されつつあります。

例えばあなたが「化学成分が含まれた薬剤」を摂取したとします。すると、あなたの汗や排出物などから、それら成分が環境へと流れ出し、二次的に環境を汚染し続けていく、という事なのです。

人類が偶然発明してしまった「抗生物質」「化学成分が含まれた薬剤」「各種遺伝子組み換え物質」などの、非常に複雑な構成に人為的に変化させた物質は、元々が地球上に存在しなかったものです。そのため、科学技術が発達すればする程、つまりその構成が複雑になればなる程、自然環境はそれを自然分解するのに時間がかかってしまうのです。すると環境にその汚染物質が徐々に蓄積されていき、分解保有限度を超えてしまう時が必ず訪れます。

この様に、化学技術はどんどんと深みにはまりこんでしまっており、現在では問題を量産するのみの飽和状態なのです。この現状を打破するために新たなる化学技術を発明したとして、悲しいかなそれもまた別の新たなる問題を量産するのみだ、という事が現状を見ればわかるでしょう。

そういう事実があるが故に、「化学製剤に頼るな!」を連呼する訳なのです。
つまりあなたが薬剤師を目指すという事は、この地球が非可逆の環境汚染状態に陥る事の間接的な手助けをする事になってしまうのです。

それであれば、「化学成分が含まれた薬剤」を一切取り扱わない「漢方専門薬剤師」の方が遥かにマシである、となります。

色々な所で書いておりますが、「科学技術で起きた問題は、科学技術とは別の方法、つまり旧来の古典的な手法で解決した方が安全である」という事になります。これまでは情報というものが封鎖的で真実を知る人は少なかったのですが、今やその気になれば誰でも真実に辿り着ける時代となりました。そう、つまり人の無知に付け込んで儲ける、という事が徐々にできなくなりつつある、非常に望ましい変化が訪れているのです。過去の歴史を振り返れば医薬品とはまさしく「人の無知に付け込んで儲ける」商品であったのだといえます。



(続きます)



「医療費控除」という言葉の罠

業者がよく使う言葉の綾の中の一つが「医療費控除」です。
医療費が控除されるのでは無く、税金がホンの少し安くなるだけなのです。
そして買えば結局は支出が増えてしまい損をしてしまうのです。
この仕組みが実際に頭の中で理解できている人がどれだけいるのか?
税金の仕組みには、こういった引っかけが多いので要注意ですね。
「税金対策」などの言い回しもありますね。


物事を極端な状況で考えてみると、その本質が見えてきます。
こんな簡単な事が理解できない人々が真剣に沢山いるのです。

あなたは「医療費控除」の登場に大喜び!
あなたは医療に1000円を支払いました。

でもその医療費控除とは実は医療費が1000円以上だと税金が1円安くなるというものでした。

医療の支出:1000円
医療費控除:0001円
実質支出額:0999円

なんと!あなたは結局、999円も支出が増えてしまいました。


そして、実に驚くべき事に、なんと病院に行かなくても、
その病気を民間療法で簡単に治せる方法があったのです。
その民間療法は、その辺の食材を使って殆ど
タダのような「材料費」で自分で作れるものでした。
殆どタダとは「材料費:1円」でした。


病院や医薬品等で治す:¥999円の支出、副作用アリ
自宅で民間療法で治す:¥001円の支出、副作用ナシ




つまり、
「医療費控除」とは支出を増やすだけであり、
「民間療法」とは支出を極限まで抑える事ができるのです。

さらに病院の薬剤は「その場しのぎ」の短絡的な手法である場合が多いですが、
「民間療法」には「病気の根本的な原因を改善してくれる方法」がたくさんあります。


業者が「税金対策」「相続税対策」などといって薦めてくる物事にも、
この「医療費控除」の如く詐欺の様な仕組みが頻繁に登場します。
どれも最終的には業者が儲かり、あなたの支出が増える結果となる所が共通点です。

税金の仕組みを自分で調べれば騙されずに済みます。
そういう事もありますから、やはり学校の勉強はマジメにしておく必要があるんですね。

時たま思うのですが、文章読解能力の弱い人は、ここまで読み進める事が実際できないんですね。
3行程度が精一杯で後は全く頭に入らない人が多いのです。
それであれば、先に「長い文章を読めるようになるための教育」というものをしておかなければいけない、と。
「長い文章」とはいっても、もちろん“創作架空小説を決して読んではいけない”事は言うまでもありません。

自分で毎日長い日記(非公開が望ましい)を書く事を始めれば、文章読解能力も向上していきます。



ドラッグストアが激増した原因

ドラッグストアが激増した原因を突き止めました。やはり法整備の問題でした。これもまた確信犯的に穴を開けておいたのでしょう。増え過ぎてしまったコンビニエンスストア同様に、増え過ぎてしまったドラッグストアも日本社会を蝕む原因となっていくことでしょう。

ドラッグストアはこうやって増えた

院内処方と違い、院外薬局には最低でも2倍〜3倍以上の調剤技術料がかかる。
これを補うために、院外薬局には助成金や補助金が国から支払われている。

この調剤技術料に対する「助成金」「補助金」という法律の穴に群がった結果が、ドラッグストアの爆発的な増殖となるらしい。
「爆発的に増殖してしまった」、という事は、それだけ無駄に国税が浪費されている、という証となるであろう。

この「法律の穴」とも呼ぶべき院外薬局への援助だが、グローバル(欲ーばる)医薬品企業の日本国に対する内政干渉ではないか?と推理が進む訳である。

日本をアメリカ国内の如く、ドラッグストア銀座状態にして利益確保、さらには、国保破壊、処方箋薬剤依存症患者の増大、麻薬合法化流通促進、などの魂胆が垣間見れる。

日本国内に現在爆発的にドラッグストアが増殖しているが、この現象に危機感を持たない日本人は、多分きっと「化学調味料」等で脳の機能が衰えているものと思われるっ!

国民ができる予防策

何事にも共通する絶対法則:「一極集中」は「独占支配」に繋がり、それは暴走の原因となってしまう。増え過ぎたものには決して追随するべからず!

  • コンビニエンス・ストアに土地やテナントを提供すること、
  • コンビニエンス・ストアを施設内に誘致すること、
  • コンビニエンス・ストア関連企業の株を買うこと、
  • コンビニエンス・ストアのフランチャイズ経営者になること、
  • コンビニエンス・ストアで働くこと、
  • コンビニエンス・ストアを利用すること、
  • コンビニエンス・ストアで公共料金を支払うこと、


これらはいずれも避けねばなりません。
そう、ドラッグストアにも全く同じ事がいえるのです。

その企業が内資系・外資系であるかどうかはこの場合問題ではなく、「コンビニエンス・ストア」「ドラッグ・ストア」という経営形態そのものに根源的な問題があるのです。

大型チェーン店には殆どの場合、罠が仕組まれています。
大型チェーン店に金を落とせば落とす程、日本が植民地状態に陥ってしまうという仕組みがあるからです。
これこそまさに「自殺行為」と呼ぶに相応しい現象ですね。

郊外に大型店舗を出店する事を許可する法律が、随分と前にできましたが、あれはどうやら、
日本人経営の地域商店街や個人商店を破壊する事を目的とする内政干渉だった様ですね。
しかし、ネット通信販売の普及浸透により、今度は郊外大型店舗も不振状態が続いています。

しかしその「ネット通信販売業者」もまた外資系や隠れ成り済まし外資系が多いですから問題がさらに根深くなってしまいました。
やはり地域商店街や個人商店で買い物をする事こそが、地域社会の維持保護に繋がるのです。

個人商店の対策としては独創性に富んだ商品や奉仕内容を作り上げ、ホームページなどを作って宣伝する、そういう戦略が必要ですね。
決して大型ネット通販サイトに出店しない事が肝心です。それでは郊外大型ショッピングモールに出店する事と全く同じ罠に陥るだけです。何事も自力で作り上げるのが一番安心安全確実です。

これはあらゆる物事に共通する「生きるための知恵」ですが、
「大きいものを信用しない」
「大きいものに吸い込まれない」
この姿勢が大事ですね。
そう、その「大きいもの」とは「悪人が寄り集まったもの」である、と考えておけばホボ正解です。


(続きます)




抗生物質蔓延の行き着く先

抗生物質 = 失敗作どころか非常に危険な環境破壊兵器!


殆どの人は、抗生物質がどれだけ危険なものであるかをまだ知りません。
ドラッグストアなどで誰でも気軽に抗生物質入りの薬剤が買える様になると、恐怖の事態に陥ります。

抗生物質を飲んだ人の唾液や汗、体液、排出物などから、その抗生物質が洗面所や台所の流しやトイレや浴室やプールなどの排水設備を経由して河川や海洋などの自然環境へと流れ込みます。すると、その抗生物質は、自然環境内の良質な微生物やバクテリアなどの各種細胞組織をも破壊し生態系を長期間に渡り汚染破壊し続けます。

これはもう、自分の体内だけの問題ではなくなります。「個人の“自由”」「自己責任」などと悠長な事を言っている場合ではなかったのです!

抗生物質入りの薬剤は、どうやって捨てるか?

そして、この恐るべき「事実」を皆様は御存知ですか?

「抗生物質は必ず全部使い切って下さい」という提供者の指示を守る患者は少ない!
医療関係者でもない知識の無い一般人がこの指示に忠実に従う事に期待すべきではない。
「抗生物質は全部使いきり」は殆ど「建て前」と化しています。
自分で好きな量だけ購入する様になれば、廃棄率はさらに爆発的に増えてしまうでしょう。

殆どの人は、抗生物質入りの薬剤を全部使い切る事は無く、三分の一程度以下を使用し、残りの三分の二以上はそのまま捨ててしまいます。殆どの場合すぐに完治するので、薬剤が必ず余ってしまうのです。また、抗生物質が自分の身体にとって危険であると知っている人ほど、服用を恐れ、薬剤の殆どを廃棄してしまいます。するとその抗生物質は、体内を経由せず直接的に環境に流れ込んでしまうのです!!!下水処理場では抗生物質の無効化などの対策をしているんでしょうか?でも水の中に溶け込んでしまえば探索不可能となるでしょうから、原因は根本から絶つしかありません。

薬剤の廃棄法としては、

液体:新聞紙や布などに薬剤を含ませ、自分でその場で燃やす
錠剤:砕いて、自分でその場で燃やす

方法が今の所一番マシであるとは思います。


完全に灰の状態にしてもまだ不安は残ります。また薬剤によっては焼却の際に危険なガスが発生してしまう可能性もある様です。

燃えるゴミとして地域のゴミ捨て場に出す場合、ゴミ袋に穴があいていたりすると、雨水で地表に流れ出してしまう可能性などがありますから危険です!!!

ビンの中に薬剤が残ったまま「燃えないゴミ」として出してしまうと、分別班は知識がないでしょうから液体をそのまま無造作に排水溝に捨ててしまう事が予測されますからコレも危険!!!

つまり現在の日本における薬剤の廃棄処理体制の状況では、薬剤を購入した人、ご本人が、ご自分で薬剤を焼却処分するしかないのです!!!

そして、自然環境を汚染する薬剤とは何も「抗生物質入りの薬剤」だけに限らず、他の様々な薬剤も自然環境を汚染するらしいことが解明されつつあります。
避妊薬も危険!!!抗ウイルス薬も危険!!!抗ガン剤も危険!!!てんかん薬も危険!!!などなど・・・。

今後、全ての薬剤については、

  • ゴミ回収の分類項目に、薬剤を追加し、完全分別回収体制に移行
  • 薬剤の廃棄のしかたを商品の見やすい場所に大きく明記する
  • 処方する医師や薬剤師が、薬剤の廃棄のしかたを口頭で説明する
  • 処方する医師や薬剤師が、薬剤の廃棄のしかたが書かれた書面を渡す
  • 残った薬剤を販売所が回収する仕組みを作り「自主回収します」と消費者に呼びかける
  • 医院や医薬品販売所や製薬会社は、余った医薬品を組織内で安全確実に焼却処分する事!


以上を必ず厳守する必要があるのですね!!!

免税措置よりもこの「薬剤廃棄処理体制」をこそ綿密に早急に構築する必要があるのです!!!

全ての薬剤は核廃棄物と同様に危険なものである!と極端に考えておいて正解です!



(続きます!!!)




薬に頼らず病気を治す方法

  • 外食を止める、
  • 既製品:惣菜、スナック菓子などを食べない、
  • 肉・魚・砂糖を止める、
  • 化学調味料を使用しない、
  • 自然薬剤(100%自然成分、極微量自然毒など)で治す
  • 漢方薬は高いので自作する:今まで捨てていた野菜や植物の「皮」「根」を食べる
  • 生活習慣を改める:椅子に座る時間を減らし、地べたに座る
  • 有酸素運動で治す:野外散歩で治す、マラソンで治す、自転車運転で治す、
  • 筋トレで治す:自分の体重を利用した方法が一番安全かつ効果的!
  • 柔軟運動で治す、ヨガで治す、
  • 適度な短時間全身日光浴で治す、
  • 各種呼吸法で治す、
  • 水に浸かって治す:水泳や温冷交互浴で治す、
  • 民間療法を全て試す


薬よりも遥かに選択肢が多いのです、さらに副作用が全くありません!これぞ「正攻法」!


(続きます)



続きます

この制度については、サラッと調べてみてスグに裏が取れました。最悪な事態とは期間限定が期間延長されてしまう事です。
対策としては、本当に必要に迫られた場合で無い限り、決して購入しない事です。






コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2019年7月21日(日)
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

mjapa.jp