世の中、悪人の手にかかれば、全ての物事を悪用できてしまう、
なかなか、気が抜けない話ですが、

ヨガにおいても全く同じです。


2010年頃から、いわゆる「スピリチュアル系」の色々な思想が出回り始めましたね。
最初のうちは私も色々と参考にしていたのですが、途中から奇妙であると気付きました。

何の努力をせずとも「次元上昇」で次の段階へと進化できる。
という「ドラえもん」的な空想原理についてです。

そんな訳は決して無く、進化とは厳しい鍛錬を乗り越えてこそ得られるものです。

そこで、さらに調べていきますと、どうやらそういった「アセンション系」の論理は、
「あちら側」、つまり、悪人、つまりは、実際に悪魔を崇拝している人々が実験的にバラまいたものらしい、
という情報が入ってきました。
こういった概念を人為的に流行させて、どれだけの人間を騙し取り込むことができるか?
という社会実験の目的も兼ねている様です。

そこで、アセンションに傾倒したサイトを色々と調べていきますと、
「チャネリング」、つまり別次元からの伝言、という概念が出てきます。
これについては瞬時に危険であると察知しました。
「別次元からの伝言」=「麻薬による幻想・幻聴」=「妄想の中の悪魔との交信」
となるのです。

最終的には「マシューからのメッセージ」で検証が完了したのです。

そういった、いわゆる「アセンション詐欺」の流れは、
書籍や学習教材や器具、ビデオなどの物品販売から、講演会や高額セミナーなどの商売と結び付き、
現在も根強く活動が続いています。

「カタカナ言葉に要注意!」と私はよく警告しますが、
その語句が、海外において実際にどの様な意味を持つのか?を、
かなり時間をかけて深く深く調査しないと、その実態は掴めません。
日本人が安易に認識している「お花畑的な意味合い」とは程遠い場合が多いのです。
カタカナ言葉=西洋です。西洋の堕落した物質社会に答えを求めるよりは、
東洋の歴史・文化を探求する方が遥かに効率がいいのです。

中にはそこの所をよく理解し、真剣に活動しているかたもおられますが、
例えば「ニューエイジ」などは、出所が海外の、それも悪魔崇拝系組織が、
悪魔崇拝である事を悟られない様に、さらに若者を取り込むために、
極めてソフトな仮面を装着して散布したものである、との認識が正解の様です。

 となると、スピリチュアル系・ニューエイジ系の音楽の中にも、
危険なものが紛れている可能性があります。
例えばシーケンスループによる機械反復を多用したテクノ系の楽曲の中には、
サイケデリックアートにも似た麻薬性を感じるものがあります。
そういえばテクノ系バンドの麻薬所持事件も近年ありましたね。

この「スピリチュアル系思想」をヨガと結び付けて拡散しようとしている団体が出てきております。
ヨガはかつて60年代にヒッピームーブメントや麻薬と結び付いて流行した経緯がありますから、
それ位に悪用されやすい側面を持っているのです。
※このヒッピームーブメントは、ロック音楽同様に、
社会操作のために(旧世代と新世代を分裂・相反させ、新世代を取り込む事が目的)
人為的に発明・拡散された可能性が極めて高い、
つまり市民の中から自然発生したものでは無いらしい点に要注意です。

ヒッピー系の流れ + スピリチュアル系の流れ = 危険なヨガ であるともいえます。

資格詐欺系ヨガであれば、数十万円を失うだけで済みますが、
悪魔崇拝系ヨガの場合、アナタの人生そのものを見失いかねません。

つまりヨガ団体の中には危険な団体もあるという事です。事前調査は欠かせませんね。
しかし例えば市などの自治体の施設やスポーツクラブなどにおいて行われるヨガであれば、ほぼ安全であるといえます。
精神性:つまり宗教的な内容は極めて薄く(合掌する程度)、
エクササイズ=身体トレーニング的な側面を重視した内容だからです。

ヨガで得られる事とは、
身体の鍛錬:柔軟性、バランス感覚、体幹部筋力の増大、圧迫・伸展による内臓運動=病気予防に加え、
精神の鍛錬:集中力、忍耐力、自分の体内の状態を把握できる能力=病気予防などであり、
決して超能力的な特殊な能力を体得できるものではありません。
極めて地味で地道なものです。いわゆる超常的な能力が身に付く訳ではありません。





(続きます)

【予告】資格詐欺系ヨガ団体の判別方法
ヨガといえば民間資格のみですから、中には悪質な業者も存在しております。
被害に遭った人の団体を調べていくと、やはり大陸アジア系の団体が多い事がわかります。
数十万円単位の出費ですから、事前に十分下調べをしておく必要があります。
・関連団体を全て洗い出し、その親会社まで遡って調査し、
 運営母体が「純」日本人の組織であるかどうかを必ず確認する:
・取締役などの役職員たちの出生・国籍・経歴を全て洗い出す:
・一般に広く普及している資格制度を採用していれば、ある程度は安心:

【予告】「自然崇拝+肉食=生贄」という推移方程式について
古代において「自然崇拝」という素晴らしいものが、どうして「同胞の生贄」という行為へと繋がってしまったのか?
これには身体的な影響、さらには精神的な影響:つまり科学的には検証できない領域が絡んでいる様です。
「文明の崩壊の回避」においては、その原因を
「肉食→脳の組織破壊→原始退行→脳の暴走→同胞を生贄として捧げる」
「支配者が個人的な私利私欲により自然崇拝を悪用した」
などとして説明しましたが、
敢えて書かなかった内容:ここはかなり重要な「鍵」となる部分です。
「科学的には検証できない領域」ですから、私自身の体験や推理も交えて、さらに深く考察していきます。
そして何故ヨガを長く続けていくと自然と「禁煙」「禁油」「断肉」できるのか?についての考察も♪