魔法にかかりたい人が増えてしまい、

映画産業はその後、逆に大盛況。


その結果、文明は退廃が加速化し、崩壊してしまった。




文明の警告をするのに、一番危険な表現媒体である「映画」を用いてしまった事が、

失敗の原因であった。




この様に、人の心とは弱いものであるから、

決して過度に期待してはいけない。



「この映画は良い映画、この映画は悪い映画」、

そういう識別ができる事を人類に期待してはいけない。

そう、学校教育において映画は一切用いてはならない。



























さて、久しぶりに、2018年公開の映画のタイトルとポスターと概要を調べてみました。

最近では、この最低限の情報だけでも瞬時に、

どの様な意図=悪意を持って作成された映画なのかをだいたい識別できる様になりました。


ものの見事に、危険な映画が目白押し!




そういえば、世の中には色々な映画がありましたね:

・社会破壊の目的を持って作られた映画

・思想誘導の目的を持って作られた映画

・不正行政予算正当化の目的を持って作られた映画

・不正医療行為正当化の目的を持って作られた映画

・特定宗教の布教を目的として作られた映画

・その国の人民を退廃化させ間接支配を容易にする目的を持って作られた映画

・実在しない過去の歴史を、あたかもそれが実際にあったと思わせる目的を持って作られた映画

・外国人崇拝をより強固にするための目的を持って作られた映画

・幼児向けや若年者向け各種玩具販売の目的を持って作られた映画

・精神疾患に陥ってしまう様な「怖いもの観たさ」を釣りにして作られた映画

・数年先に起こす犯罪行為を予告し人民の脳をあらかじめ慣れさせておく目的で作られた映画

・・・


やはり、今でも映画を観てしまう層:お子さんや若い人たちをターゲットにした、

危険な映画が多いですね。



有権者層をターゲットにした思想誘導映画も相変わらず元気です。

我々の親の世代(団塊世代周辺)は、その「政治手法」によりコロリと騙されてしまっているのです。

まだ、その魔法が解けていない人が、たーくさんいるのです。

今からでも遅くありません!「あれは思想誘導だったのだ」と教えてあげましょう。


「虚構」よりも「事実」から学ぶ!これが大事ですね。


そして最近では、誘い込み方が非常に巧妙になってきており、

それとすぐには気付けないような映画も増えてきました。


これは小説においてもそうですが、

「読んでしまったら」「観てしまったら」洗脳されてしまう、

洗脳とはそういうものです。

その「受けた洗脳を自分自身で解く方法」を後程ご説明いたします。






映画という発明そのものが大いなる悪意を秘めたもの(黒魔術)なのですから、

その表現媒体形式から作り出される作品は全て危険なのです。

昔も今も例外は一切ありません。

映画館でも自宅でも決して観ない事です。そうすれば騙されずに済みます。人生が安全になります。


本物の植物や自然風景を、自分の目で見に行くのが一番ですね。(^^)





植 物 観 察

野 外 遠 謀 訓 練

裸 眼 天 体 観 察




(続きます)