三大戦略を阻止する方法



設問

作成日:2018/09/16 1:44 更新日:2018/09/17 14:35



■経済戦略
→ 国営企業にスパイを派遣 → 勤務意欲低下 → 赤字増大
→ 世論誘導 → 民営化 → 民間企業が業務代行
→ 民間企業にスパイを派遣 → 勤務意欲低下 → 赤字増大 → 倒産 → 公費投入 = 税金で救済
→ 外資が民間企業を乗っ取る → 実質外資化
→ 全ての国営企業や国営組織を外資企業化して経済支配の完了

■枠組み戦略
→ 道州制 = 廃県置州 → 地域解体
→ ダミー女性団体設置 → ウーマンリブ洗脳 → 夫婦別性導入 → 家庭解体
→ 植民地化 → 国家解体の完了

■身体戦略
→ ペットにワクチンを推奨 → 全国民の体にワクチン摂取を義務付け = 人口削除
→ ペットにマイクロチップを推奨 → 全国民の体にマイクロチップ装着を義務付け
→ 強制収用所(集合住宅)の設置 → 人民を養鶏場の如く一匹一匹隔離飼育
→ 全国民家畜化 = 全国民ペット化の完了


この「経済戦略」、「枠組戦略」、「身体戦略」

の三大戦略を阻止する方法を具体的に書け。

























模範解答例

■経済戦略への対策

  • 職員のバックグラウンドや身辺調査を完全徹底する:
    出自(家系、数代前までの戸籍調査)、学歴、信奉宗教、支持政党、思想、勤務態度、家庭環境(配偶者、親族・・・)、趣味・・・
  • 上司が反社会勢力[※1]などに買収や思想誘導等で操られている場合:
    国益を損なう様な危険な指示には従わず断固拒否しよう!そして自分で考えて行動していくしかない。その正確な判断を行える様にするためには、世界情勢や社会や歴史などの様々な知識が要求されるから、常に情報収集や勉強を欠かさず続けていく必要がある
  • 勤務態度や発言などに異常がみられる職員がいる場合:
    反社会勢力が送り込んだスパイかもしれない。決して真似する事なく、真面目に勤務すべし!そして上司に身辺調査を依頼しよう。
  • 何でも弁護士をあてにしない事!弁護士とは犯罪者や悪人を擁護する時にこそ最大限の力を発揮する危険な外来職業なのである。問題がさらに複雑化してしまう場合があるから、自力や組織内での問題解決を模索すべし。
  • 「公務」とは何か?をよくよく自覚する事。公務を達成するには、一般社会人を遥かに超える高度な責任感が求められる。
  • 「民営化」とは反社会勢力の思想誘導である。いかにして民営化してしまった組織を国営組織に戻していくかを考えていこう!


※1 反社会勢力(世界支配テロリスト団体)とは:
その規模や社会的地位などで安易に判断してしまう事は非常に危険である。規模が大き過ぎるが故に取り締まれない反社会勢力が大量に存在している。その勢力が実際に行っている活動の内容を調査して判断していけば間違いが起こりにくい。
  • その国の国益を損なう様な活動をしている全ての組織や団体や企業など。
  • 国際的視野で考えれば間違いを少なくできる:宗教間や人種間、民族間、国家間などの紛争を煽る、武器や薬剤などの危険な商品を販売するなど、国際社会や各地域内を混乱させる様な活動をしている、全ての組織や団体や企業など。
  • 利益を優先し、「地球環境」や「人類の安全な生活」を脅かす様な研究や活動をしている、全ての組織や団体や企業など。


■枠組み戦略への対策

道州制(廃県置州)、「小さな政府」など:
「枠組みを解体し、より大きな枠組みにし人件費を抑え管理しやすくする」というのは、反社会勢力がその国を解体し管理しやすくしようという計画の一環なのである。決して騙される事無く、抵抗を続けていこう!

女性団体の多くが、その国の国民ではなく他国の反社会勢力が作り上げたものである。「ダミー」とは、「外国人が主導して作った組織である」、という意味である。それを国民が完全に勘違いし、思想誘導されてしまう現状がある。特に女性は政治や社会の知識が少ない傾向があるのでターゲットにされやすい。日本旧来の家庭のありかたを破壊し支配しやすくしようという目論見がある。例えば、両親が働きに出る事で子供の教育はおろそかになってしまう。そして夫婦別姓で一番困るのは、皆様のお子さんなのである。考えてみよう、自分と苗字が違う親に育てられたいと願う人間など、どこにもいない。

教育委員会は、私立学校に対し、監督権限を発動し、厳しく指導監督していかなければならない。人を育てる場を、一個人企業が業務を全うする事は不可能である。必ず個人企業としての甘えが出てくるのである。そのため、教育委員会は、各私立学校に、教員などの色々な職種で監視員を派遣し、現状を常に把握していく必要がある。こうすれば少しはマシになるであろう。

学校教育の組織や現場にも、反社会勢力のスパイが大量に入り込んでいる。子供の教育を学校に丸投げしてしまう事は非常に危険なのである。特に私立学校は教育委員会の指導が及びにくい「個人企業」に過ぎないので無法地帯に突入している場合もある。そのため一番安全確実な方法は、親が子供を教育する「ホームスクーリング」つまり「家庭内教育」を行う事が最善である。そのためにも親は生涯、様々な分野について勉強を続けていかなければいけない

■身体戦略への対策

例えば、ペットの体内にマイクロチップを装着しなければペットの管理が成り立たない様な社会の仕組みが出来上がってしまうと、今度は、人間の体内にマイクロチップを装着しなければ人間の管理が成り立たない様な社会の仕組みが出来上がってしまう事になってしまう。これは支配が暴走してしまう非常に危険な流れなのである。

 元々マイクロチップが無くてもペットの管理は成り立っていた。真に動物を愛する心が強ければ機械に頼る必要も無い。何でも便利な科学技術に頼ってしまおうという人民の弱い心が、恐ろしい結果を招いてしまうのである。そのためまずは「ペット」の管理という段階から、科学技術に頼らない旧来の方式で管理していく脳の仕組みと体制を維持し続けていかなければいけない。

個人調査の結果によると、マイクロチップ導入を薦めるのは、その殆どが、保健所や獣医や技術者などの「関係者」だけであり、その発言を真に受けた一般市民が2次拡散しているだけである。


これを決して忘れないでいただきたい。反社会勢力:つまり世界支配テロリスト団体は、自分達以外の人間を、同じ人間とは考えておらず、「ペット」「実験動物」などと同程度にしか考えていないのである。[※2] この事実をしっかりと認識すれば、「ワクチン」についても同様の考え方で対処できるであろう。

そう、「マイクロチップ」も「ワクチン」も断固「拒否」する事である!

■総論

反社会勢力は、マスメディアを買収操作して、各種「思想誘導」を行っているから、決して釣られない様に注意する必要がある。

  • 新聞、テレビ、雑誌などのマスメディアに接さない
  • どんな事でも、自分で調べる癖を付ける
  • 決して付和雷同しない
  • インターネットでも大量に偽情報を拡散しているので要注意!
  • 明確に諜報目的で入国してきた、見分けが付かない外国人スパイが近隣に大量に居住している事を知る
  • 決して思想や行動を操られてしまわない事!




















※2 日本への2基の原子核爆弾投下は、2種類の原子核爆弾の実験を兼ねていた。そのため投下後に研究者が、実験の”成果”を調査する目的で大量に入国してきた。つまり人体実験の結果の統計調査をするために現れたのである。
 この様に、科学者というものは支配者に操られ、興味本位で危険な技術を発明する。そして必ずその発明を実際にテストしたくなるのである。この時、科学者にとって相手はただの実験動物にしか見えていない。
 現在も、やり方を変え全世界で、市民をモルモットにした様々な人体実験が行われている。軍事兵器、生体工学、医療商品、食料品など。今一番恐怖を感じるのが「ゲノム編集」である。これは遺伝子組み換えを遥かに超える「非可逆」の環境破壊を引き起こす事が明白。すぐに研究を「停止」させるべきである。