e-tax特集

今日も税務署は開庁前から長蛇の列・・・ 混み合う税務署には直接提出しない事です。 ・郵送 ・ポスト投函:24時間受付! ・e-tax:返信切手代節約&青色65万円控除! これまでずっと青色申告書&確定申告書をポスト投函しておりましたが、 今年でe-tax3年目! e-taxは、もちろん、手続きが一番簡素な 「ID&PassWord方式」を選択するのみ! どこの税務署でも構わないので、そこの総合受付で「e-taxのID&PassWordちょうだい」と伝え 備え付けのパソコンに個人情報を入力し、 対面で身分証明書(運転免許証、健康保険証、年金手帳など)を提示すれば、 その場で「利用者識別番号」と「パスワード」をもらえます。 ※セキュリティの関係からか「ID&PassWord方式」ではメッセージボックスの「中身」が見れませんが、  何か特別ややこしい状況でもない限り、メッセージの「表題」を見るだけで充分です。  →つまり「e-Taxソフト(インストール版)」は必要無し! ※不明点があれば、質問内容を充分に整理しておき、電話で相談! Linux-OSである「PuppyLinux」上のウェブブラウザ「PaleMoon」上で、 ・e-Taxソフト(WEB版)を使用してe-taxデータ入力 ・青色申告決算書・収支内訳書作成 ・所得税の確定申告書作成 ・データ保存&データ読込 ・PDF自動生成 ・「青色申告決算書・収支内訳書」「所得税の確定申告書」  をe-Taxソフト(WEB版)を使用して税務署に送信 が正常に動作する事を確認! 最初に、作業環境確認で 「Windows」ではありません!「chrome」ではありません! と警告が出ましたが、Kan-Kene無視して作業を進めると、問題なく作成&送信完了! やはり考え過ぎでした。ウェブブラウザの種類によって違いが出るのは、 ラジオボタン等のウェブパーツやスタイルシート等といった「外観」程度であり、 「入力フォームを使用したデータ受け渡し」という古典的で手堅い機能には、 そうそう問題など起こる筈がない、という訳です。 (起きてしまう様では、そもそもネット決済手続きなど成り立たない筈)(^^)   ・e-Taxソフト(WEB版):Linux上のChromeやFirefoxやPalemoonなども正常動作する様です。 ・e-Taxソフト(インストール版):Linux版やMAC版は存在しておりません。  存在していたとしてもWEB版で事足りますから、使用する意義は極めて薄いでしょう。 青色申告用の複式簿記は、Linux上でも動作する 「オープンソース」&「クロスプラットフォーム」な 「OpenOffice」もしくは「LibreOffice」内の「Calc」という表計算ソフトを使用! ややこしいExcelマクロも問題なく再現してくれます。 これで「完全完璧」にWindowsからオサラバできました。 (去年までは念のためWin10上のChromeでe-tax送信しておりました) (winソフトウェア依存度零なのでWineもVirtualBoxも必要無し!邪道!) もはや「Windows」を使用することソノモノが、 「反社会勢力」の陰謀策略に加担する行為であるのです。 皆さんも、一刻も早く「ぅぃんどぅず」などといった 自称ユダヤ系企業の邪道邪悪テクノロジーから卒業して、 Linuxへと移行しましょう! ついでに、「Microsoft」と結束(最後の悪あがき)し始めた 「Adobe」系ソフトウェアからの脱却も、お早めに! illustrator →「inkScape」 PhotoShop → 「GIMP」 なにせ完全無料ですからプラグイン等も使い放題! ・Linux-OS:「PuppyLinux」が一番使いやすい!  ・システムが単純なのでOSクラッシュ一切無し!→ソフトウェアの操作に集中できる!   ※Ubuntuは2ヶ月に1回、Mintは毎月クラッシュ。Puppyは2年以上使っていてクラッシュ一切無し!  ・Linuxとはそもそも古い旧式パソコンでもサクサク動くOSだが、Puppyはさらに軽い!   普通の使用ならメモリ4GBもあれば充分!CPUも省電力CeleronでO.K.  ・超軽量OSながら超重量級&超高品質なLinux定番ソフトウェア群が全て動作!  いかに日々の「セキュリティーアップデート」「OSアップデート」等というものが一切必要の無い作業であったのかを体現できますよ!  「apt」コマンド等、もっと突っ込んだ事をしたい場合は「PuppyDog系」か「Ubuntu」か「Linux-Mint」。 ・ウェブブラウザ:「FireFox」よりも、その完全クローン版である「PaleMoon」の方が、  ・動作が軽い  ・エラーやフリーズが断然に少ない!ホボ零!  ※仕事に最低限度必要なFireFox類似アドオンは揃っています:   ・ダークモード:Advanced Night Mode   ・広告非表示:uBlock Origin   ・PDF直接閲覧:PDF Viewer  ※たまにGoogle検索でScriptErrorが出ますが、   使用状況追跡ブロック(個人情報保護)版の「Duckduckgo検索」を使えばO.K. 「Linux」も最初はとっつきにくいですが、 「情報収集」&「情報分析」&「独学独習」能力が身に付いていれば、 半年ほどで基本的な操作は習得できることでしょう。 Linux-OS操作にはWin以上にプログラミング的な知識=英語力も要求されますから、 脳機能維持目的でTRYしてみてはいかがでしょうか? 明言しておきます:「Windows11」は一刻も早く捨てなさい!!! 警告:「Line」も「PayPay」も「Classi」も韓国系&親会社が自称ユダヤ系企業です。 日本人の個人情報収集狙いです。つまり、税務署と、学校と、 日本政府は、日本国民の個人情報保護責任を完全に放棄!  ↓&治験=免責ワクチン流通により 日本政府は、日本国民の生命を守る義務を完全に放棄! 極力、無駄な税金を支払わない事です。 金で問題を解決する事を避ける事です。 アナタの支払う税金が、人類滅亡計画に使用されているのですから、ね。 「e-tax特集」の振りをした「Linux-OS特集」の振りをした 「陰謀論(裏社会事実暴露)特集」でした(^^) 追記:「Googleアカウント:ChromeもGmailも捨てなさい!!!」 ???何故か?↓↓↓↓↓ Googleアカウントは、メールアドレスとは別に、 「電話番号」を登録しないといけないのですが、 これがいかに危険であるか?をよくよく考えましょう! ※電話番号登録を強制するサービスはそうそう無い。 Googleは外資系企業です。すると、当然ながら従業員も在日外国人が多いですよね? つまり、 外国にあるGoogle本社に電話番号を悪用される可能性(これはホボないでしょう)と、 その在日外国人従業員に電話番号を悪用される可能性の、 両方があるのです。 その在日外国人従業員は近所に住んでいるかもしれません。 つまり、アナタが政治的な重要人物でなくとも、 私の様に、どこにでもいるタダの一般人でも、 近所に住む在日外国人が、何らかの犯罪行為目的で アナタの個人情報を欲しがっている可能性があるのです。 外資系企業に自分の個人情報を提供する事は極力避ける!!! これについては、「Amazon:米中企業」や「Yahoo:米韓企業」についても同様です。 私がどうして、わざわざ自分でドメインを取得してまでサイトを運営しているか?というと、 共用ブログ程度では、今回のコロナ騒動の様に情報封鎖でコンテンツを消されてしまう可能性がある事と、 フリーメールでは、個人情報を提供せねばならず、またメールの内容を盗み見されてしまう可能性があるからです。 ドメインにはメールアドレスも一緒に付いてきます。 ・ドメイン:年間1000〜3000円 ・レンタルサーバー:年間2500円 ・マイドメインメール:200個〜無限個 年間3500〜5500円で、マイドメインとマイドメインメールとレンタルサーバーによるサイト運営が可能です。 レンタルサーバーがあれば、動画コンテンツも違法アップロード=海賊サイトYouTubeに依存せずマイサイト上で公開できます。 最近はサーバー容量も劇的に増えてきましたから使いきれずに困る、という有様です(^^) こういう大事な所だけはケチらず、自分に投資する、という訳です。