今年2022年のご挨拶

さ、今年こそは、「生活習慣の改善」を開始していただきますよ!!! このリンク先に書かれている内容を、そのまま実行しましょう! 色々な情報を探してきましたが、 現在のところ、これ以上の改善策は発見できておりません。 人とは、楽ができる物事は喜んで受け入れますが、 苦労する物事を自発的に受け入れる人は、そうそういません。  だがしかし、本当にこのままで何となかるとお思いですか? あらゆる要素が破滅へと向かっている事は誰の目にも明らかです。 いや、破滅に向かう様に意識的に誘導している人々がいるのです。 しかし責任の全てを支配者に押し付けるのも、また違う様です。 「いかに楽をするか?」という人類の欲望が集積し、 現在の混沌とした状況を作り出しているのである! つまり我々の集団的無意識が現状を作り出している訳であり、 これは「集団責任」という事になるんですね。 以前御説明致しましたが、どれだけ便利なフリーエネルギーが発明されようと、 人類の「楽をしたい」という根本的な精神構造を改善しない限り、 欲望はテクノロジーにより更に増幅されてしまい、暴走は止まる事はなく、 つまり「文明の崩壊を回避」する事は不可能なのです。 この「地獄行きのエレベーター」の重量を少しでも軽くしてみませんか? アナタたった一人が脱出するだけでも、その分だけ落下速度を遅くする事ができるのです。 この期に及んでいまだにロスチャイルドやロックフェラー等に憧れている愚かな人々よ! 彼らが我々を「消去」しようと、何世紀も前から計画を立て、 着実に実行に移してきている事実に気付きましょう! 以下の単純過ぎる序列構造: 世界の富裕層→スイスに預金→銀行所有者がその資金を用いて戦争などの陰謀計画を実行→人類滅亡 ※つまり人類全体というよりは、とりわけ世界富裕層達の潜在的な欲望&願望こそが、  世界大戦等の、ありとあらゆる災難を「人為的に創作」してきた、という事になります: ※ロスチャイルドやロックフェラーなどは単なる下っ端:金庫番に過ぎない ※預金する=募金する=誰かに自分の資産(願い)を託す=それは必ず悪用される →要するにスイス預金は巧妙な罠!預けている資産全額引き揚げろ!と言いたい訳です(^^)  米国株式や中国株式購入と同様に、「敵」に資金援助する事と全く同一なのです。 そうです、世界各国にいる富裕層達が、この世の陰謀計画=人類滅亡計画に、 間接的に資金供与してきているのです。 でももちろん彼ら富裕層は、まさか自分の金が人類滅亡計画に使用されている事など、全く知らないのです。 →応用:日本国民は、まさか自分が支払った税金が人類滅亡計画に使用されている事など、全く知らないのです。 具体的な例では、日本政府が台湾にコロナウイルス・ワクチンを無償供与した、 つまり、我々日本国民の税金で、台湾国民を消去しようとしている訳です。 日本に好意を寄せている台湾の人々に、恩を仇で返す、卑劣極まりない行為なのです。 日本に在住の外国人の皆さん!日本は遥か古代からアジア大陸系渡来人により支配されていますが、 現代において、彼ら渡来人達は完全に白人の手下と成り下がっているのです。 日本政府が推し進めるワクチン接種政策に決して騙されてはいけません! コロナに限らず、全ての種類のワクチンは断固拒否しましょう! ※人類滅亡計画:「終末論」を狂信し、それを実現させようとする過程で、それは「人類滅亡計画」へと変貌します。  そのため、遂行している側が、それが「人類滅亡計画」なのであると気付いていない場合すらあるのですから、  事は非常に厄介なのです。 (彼らは彼らなりの脳味噌を使い世の中を良くしようと本気で思い込んでいる節がある:  迷惑にも程が過ぎる勘違い)  →ココ、年始め大爆笑するところです(^^) 陰謀集団は100年計画で陰謀を立案し、 自分達の子孫へと、その陰謀事業を引き継がせる事を続けています。 彼らは血族内の結束をとても大事にしているのですが、 それはつまりは、劣化遺伝子が延々と引き継がれていく事となり、 現在では手に負えない程にまで世代間劣化が進んでいるらしいのです。 最近の彼らの行う陰謀とは、現代においては もはや陰謀とはいえず、 ホンの少し調べれば誰にでも嘘だと分かる、 単純過ぎる「イタズラ」にまで幼児退行化してきております。 無限に刷れる偽札で科学者などを大量に雇っているので、表面上はいかにも立派なものに見えるだけです。 親が詐欺師で祖父も詐欺師で、、、自分の親族や祖先が全員詐欺師な訳ですよね? そんな子供は、何一つ疑う事もなく、詐欺師として胸を張って生きていく事になるのです。  もし私が、アナタが、その様な境遇に生まれてしまったとしたら? 自分の親や先祖を否定する事は難しいですし、 何よりも、それが悪魔的な、そして詐欺的な手法に過ぎないとはいえ、 元時点でも全世界をほぼ制圧している一大勢力=成功者なのです。 自分の事を「選ばれし神に近い存在」であると思い込んでしまうのも無理はありません。 そこから自分一人だけが間違いに気付き改心し精神的に抜け出す事は非常に困難でしょうし、 そういう事例も今のところ知りません。 こういった特殊な家系の人々を更生させるよりは、 自分自身を良くした方が遥かに手っ取り早い、という訳です。 とにかく「騙されていない」と思って、 このリンク先に書かれている内容を、そのまま実行しましょう! 繰り返しますが、 現在のところ、これ以上の改善策は発見できておりません。 もし存在していたとしても、この内容と似通った内容となるでしょう。 こういう生活習慣は日本語では「精進生活」とも呼ばれます。 仏教の僧侶の生活習慣にも近いでしょう。 仏法を追求すれば行き着く先は「精進生活」! 健康を追求すれば行き着く先は「精進生活」! 終着地点は同じ場所だったのです! 宗教とは組織化し建造物を作った時点で堕落&逸脱していきます。 信仰心を侵略や支配の手段として悪用され、悪い方向に誘導されてしまうのです。  あの聖徳太子ですら、仏教と渡来人を日本統一支配のための道具として利用しました。 当時における仏教とは日本国内における、海外からの侵略の脅威であり、排除する向きもありました。  しかし聖徳太子は敢えて仏教を受け入れ、むしろ布教を政策として積極的に先導する事で、 国内の治安安定化を図った、つまり「柔能く剛を制す」:相手の巨大な力を逆手に利用して、 逆に相手を打ち負かす事を密かに狙っていたらしいのです。 →(仏教に侵略される振りをしつつ仏教そのものを日本式に変容させて取り込んでしまう?) もしあの時、頑なに仏教を拒否していたら?日本はどうなっていたのか??? 逆に、仏教の背後にいるアジア大陸勢力により完全に征服されていたかもしれないのです。 聖徳太子御本人は?もしかしたら幼少期より仏教を信奉している「フリ」をしていたのかもしれませんね? 現代においては、その仏教をキリスト教に置き換えて考えてみる事もできます。 それ位に「信じる力」とは良い様にも悪い様にも扱える非常に危険な物なんですね。  そして見てご覧なさい現在の「佛教大学」を!HPに軽く目を通すだけで、 もはや普通の私立大学の並かそれ以下まで堕落している事が容易に見て取れます。 私は「佛」とは「仏」とは違う低俗な意味があるのでは?と辞書を何度も何度も調べた位です。  この様に宗教組織が巨大化すればする程、その罠から逃れる事はできなくなってしまうのです。 しかし、組織に加わらず、その経典の「良い部分のみ」を取り出し、 自分の人生の中で個人的に ささやかに実践していけば、どうなるでしょうか??? そう、それこそが一番純粋な、そして安全な「信仰」なのです。 しかし個人の意志とは弱いものです。そのため、 今の自分が多少厳し過ぎると感じる位の戒律を設定し、 その戒律に基づいた生活を「開始」そして「達成」そして「維持」していく必要があるんですね。 精進生活を始める前は、今後、もの凄くキツい人生になってしまうのではないか? と勘違いしてしまう人は多いでしょう、私も実際そうでした。しかし、 達成後の日常生活について、何かに例えて書いてみますと:  「今の」自分が多少厳し過ぎると感じる位の最終目標を設定し、 階段を登るのが如く、ほんの少しずつ上に上がっていけば??? しばらく上に上がっていって、ふと後ろを振り返ると、 ものすごく高い場所まで自分が上がってきた事に気付きますが、 「今」そこにいる自分は???  特に生きることが苦しくなった訳でもなく、 過去の自分と同程度の負荷のままで生きている事に気付きます。 負荷の種類が変化しただけです→苦労や悩み事の種類が変化しただけなのです。 いやむしろ高原においては人も少なく重力も少なく空気も澄んでいますから、 むしろ以前よりも楽に生きている自分に気付くのです。  そして旅の途中で、必要のない物を一つずつ手放してきましたから、 今では、必要最低限度の荷物だけになり、足取りも軽くなりました。 そして体を鍛える事も始めましたから、それ以外の日常生活全般が楽になりました。 だから、階段をもう少し上に登っていく事に、何の苦も無いのです。  もう少し上に登っていけば??? どんな景色が見えるのだろう? どんな星空が見れるのだろう? 毎日ウキウキワクワクしている自分に気付きます。  2022年1月1日 吉日    大いなる確信と大いなる期待を込めて:田村貴政